無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
2012もてぎロードレースNEO STANDARD最終戦(後編)
0
     さて皆さんこんばんは。引き続き2012もてぎロードレースNEO STANDARD最終戦のレース当日レポートをお届けします。

    宿で休んだこともありありとーの疲れと体調不良も回復。
    三度サーキット入りしてfuna選手と合流、設営します。


    すぐ隣にナチュラルに宇井選手がいる環境 


    天気は晴れてきているものの、鈴鹿と違い水はけが悪いのか、昨日の雨で全体的にほんのりウェット。
    他のクラスの予選ではまだ水しぶきが飛ぶ状態でしたがさて、ネオスタンダードの予選ではどこまで回復するか。

    そして当日のピットクルーとしてマイミクのUタソとKAMMYさん到着。本来見に来てもらうだけの話だったはずでしたが、自らクルーに志願していただけました。
    サーキット慣れしてるお二人のおかげでずいぶん助かりました!

    さてさて、ブリーフィングが終われば予選開始です。
    鈴鹿と同じように台数の関係からクラス分けされていましたが、もてぎではCBRのみの予選とニンジャ&VTRと言うクラス分け。
    まぁ、CBRの台数が多いからなんですが、ニンジャ250では速度差が大きいのでうまく使っていけるかどうか難しいところです。
    予選時間が短い上フルコースなので、ライダー間の協議の結果、ありとーが予選を任される事に。


    いってきまーす


    少し前の方でコースインして速い人についていく作戦を考えていたようですが、いざコースインしてみると回りはほとんどニンジャの人ばかりだったようであっさりストレートで離されていきます。
    あと路面状況。だいぶ乾いてきていましたが、ラインが1本しかなかったり、いやらしいところにウエットパッチがあったりとリズムが取りにくい様子。
    しかももてぎの舗装がウエットでどれくらいグリップするかもありとーには判断つかず思うようにタイムが伸びません。あとで話を聞くと、「ファーストアンダーブリッジの手前(5コーナー?)がすごくやなとこが湿っててビビリ全開。元々嫌いなコーナーなのにー!」との話。

    それでも回り様子と路面(予選中もだんだん乾いてきてた)をみつつペースアップ。しかし今度はコーナーで遅いニンジャに前をふさがれた(ありとー談)らしく、攻めきられず予選終了。

    鈴鹿と違い、予選落ちしてもコンソレーションレース(予選落ち車両だけの周回数の少ない別レース)に出場できるとは言え、周回数も少なくなるので何とか通りたいところ、果てさてその結果は……。

    http://www.twinring.jp/result_m/2012/2wheel/1118_vtr_q.html


    クラス12台中7位で無事に予選突破!
    攻めきれず練習のタイムに遠く及ばないものの、何とか第一関門突破の気分。
    ただ……

    http://www.twinring.jp/result_m/2012/2wheel/1118_neo_q.html

    総合で48台中42番手と言うグリッドは、先頭から果てしなく遠い……。
    16列あるうちの14列目と言うのは前週に引き続きかなり後方です!

    決勝までにできることはないかとライダー間でミーティング。
    実はバックストレートで微妙に伸びきってない感じがあるのと、ビクトリーコーナー(だっけ?最終コーナー)がいまいち回転低めとのことで、空いた時間でスプロケットを加速重視へ変更します。


    金色の歯車がスプロケット。ギヤ比を変えます

    時間が近づくにつれてライダーも準備を始めます。
    総降順はスタートライダー:ありとー、チェッカーライダー:funa選手に。
    ありとーは革ツナギの内側にインナーには先日のUTAUライブ「UTAU SONIC」でテトさんの中の人二人(声担当:小山乃舞世さん、イラスト担当:線さん)にサインもらったTシャツを着込み、気合を入れます。

    上が声の人:小山乃舞世さんの、下が見えにくいですがイラストの人:線さんのサイン 



    サイティングラップへコースイン!

    そして迎えた決勝。
    路面はすっかり乾き、やや温度は低いながらまずまずのコンディション。
    しかし、先頭まで、遠い……。 



    スタート集中!と気合を入れ、レッドシグナル点灯……消灯でスタート!
    スタートはまずまずで可も不可もなく1コーナーへ。
    ありとー、とにかくタイヤが温まるまでは注意しながら混乱の内に順位を上げねばとがんばった結果、1周目で36位まで順位を上げます。


    サインマンをしていただいたUさん&KAMMYさん。助かりましたー!


    ここからは集団でバトル勃発。
    テト号はは中間加速が少し足りないのとトップスピードがイマイチなようで、なんとCBRとあまり代わらない最高速。
    ありとーのいた集団ではS字の進入速度が総じて甘いのか、そこで追いつく感じがあったとはありとーの話。じりじり順位を上げたり下げたりしてつつ何とかパスできないかなーと考えてた5周目。
    「S字1個目で前2台が失速で危うく突っ込みそうになって回避して。2個目が苦しくなったのにそこでも追いつくのでアウトから抜いてけるんでね?と思った」 (ありとー談)
    すると内側の車両で見えなかったのですが、コース幅が足りず半ば押し出されるようにコースアウト。

    http://www.youtube.com/watch?v=EUPE9C7WO4s

    幸いほぼ向きは変わっていたので転倒は逃れましたが、意外とたくさんいた後続に抜かれ順位を下げます。

    しかしその周の後半と翌周にペースアップを行った若干の順位を挽回、
    そのあと一進一退で36位でfuna選手にバトンタッチ。



    funa選手は初めてまともにテトさん号に乗ったわけですが、流石にコースに慣れ、スパーダで走ってるだけあって2分33秒台からじわりとタイムを詰め、最終的にありとーと遜色ないタイムで走行。

    順位も確実に上げていき、結果。

    http://www.twinring.jp/result_m/2012/2wheel/1118_vtr_f.html

    総合32位!
    クラス5位!

    で、チェッカーを受けたのでした。

    (ちなみに、日記書くに当たってもてぎのリザルト内資料を参照。結構興味深い資料です)
    ラップチャート:
    http://www.twinring.jp/result_m/2012/2wheel/pdf/1118/neo_lapchart_f.pdf
    ラップタイムチャート:
    http://www.twinring.jp/result_m/2012/2wheel/pdf/1118/neo_laptime.pdf

    そして、 

    しゃきーん


    なんとトロフィーをいただきました!

    鈴鹿のネオスタンダードでは各クラス3位までしかトロフィーがないのですが、そこは流石に地方選手権内のネオスタンダード。各クラス6位まで入賞トロフィーがあるとのこと。
    ネオスタに参戦して2年とちょっと、初めてのトロフィーです!

    その後、水戸IC近くの「フライングガーデン」にて、みんなでおいしくご飯を食べて、解散となりました。

    お手伝いに来てくれたまゆ☆さん、Uさん、KAMMYさん、ありがとうございました!
    また事前の打ち合わせも練習走行もほとんどできない状況ながら、ペアライダーに立候補してくれたfunaさんもありがとうございました!
    それと応援してくれたレース仲間やテト親たちにも感謝感謝!

    最後に、ずいぶん遅くなりましたがこのHPをごらんいただき、応援いただいたことにも感謝を。
    ありがとうございました!

    おまけ:
    決勝レースの車載動画をアップしています。
    混戦のレース模様をごらんあれ!
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm19950811

    | 懐杵(なつきね) | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://vtr-teto.jugem.jp/trackback/47